森きらら

ザリガニを釣って日本の生きものを守ろう!

image

ザリガニを釣って日本の生きものを守ろう!

九十九島動植物園森きららでは、外来種のアメリカザリガニをテーマにしたイベントを開催します
アメリカザリガニは、本来アメリカ南東部からメキシコ北東部に生息していて、1920年代にウシガエルのエサとして日本に持ち込まれた後、様々な要因で生息域を広げました。
森きららのビオトープでも、アメリカザリガニが多数生息していて、在来の生物を食べるなど生態系に大きな影響を与えています。

今回のイベントでは、ザリガニ釣りを通して外来種を駆除する目的や、生きものを飼育する責任、環境保全の取り組みの大切さについてガイドを行います。

また、釣ったザリガニは、同日開催予定の「竹灯りともる夜の森きらら」で行う動物ガイドの時に、アライグマへ与える予定です。

皆様のご参加お待ちしています(^v^)

開催日

2024年8月11日(日祝)、15日(木) ※雨天中止
※両日定員に達したため、受付を終了しました。

時間14:00~15:00(受付13:45~)
場所九十九島動植物園森きらら
ビオトープ、リスザル展示場周辺
定員各日20名(先着順) ※小学生以下は保護者同伴
料金300円(保険料含む) ※別途、森きらら入園料が必要
申込期間2024年7月10日(水)~8月10日(土)
※定員になり次第受付終了
申込方法

森きらら公式サイト申込フォームからお申込みください。
※両日定員に達したため受付を終了しました。

備考※釣ったザリガニのお持ち帰りはできません。当園で回収いたします。
※夜の森きららのアライグマのガイドは、同日19:00~19:15に実施します。