イベント情報

2017年3月

« 前の月へ次の月へ »

2017年2月4日(土)〜2017年3月26日(日)

「4000kmの大冒険 旅するツルたち」パネル設置

2月から3月は「ツルの渡り」の季節。佐世保市の上空は北帰行ルートのひとつとなっており、昨年秋に日本へ飛来し、越冬地の鹿児島県出水市から繁殖地であるシベリアへ帰る、約1万数千羽のマナヅルやナベヅルたちを見ることができます。

森きららでは、この北帰行に合わせて、『4000kmの大冒険 旅するツルたち』と題し、パネルでご紹介します。
また、土日にはツルの生態や北帰行の観察ポイントなどについて、飼育係が紙芝居形式でガイドを行います。

ぜひ、この機会にツルの北帰行について詳しく学んでみてくださいね(^v^)

【パネル設置】
■開催場所:九十九島動植物園森きらら内 ナベヅル舎展示場前
■設置期間:平成29年2月4日(土)~3月26日(日)

【ツルのガイド】
■開催場所:九十九島動植物園森きらら内 ナベヅル舎展示場前
■開催日時:平成29年3月の土日祝日

2017年3月18日(土)〜2017年5月14日(日)

森きらら春の特別展「イチバン展~すごい生き物大集合~」

日本でイチバン一大きなコウモリの一種や世界でイチバン強い毒を持つカエル、世界でイチバン小さなカメ、世界でイチバン古い植物など、動植物の「イチバン」を紹介する特別展を開催☆

森きららで暮らしている生きものたちのイチバンの能力もパネルで紹介しますよ(^v^)v
また、世界でイチバン大きな鳥「ダチョウ」のタマゴで作った目玉焼きの試食も日にち限定で開催!

ぜひ、生きものたちのイチバンを見に来てくださいね~♪

■開催期間:2017年3月18日(土)~5月14日(日)
■場  所:九十九島動植物園森きらら
      多目的ホール他園内各所
■料  金:無料(別途、動植物園入園料が必要)
 ※展示生物は、最大・最小の個体ではありません。 

★イチバンイベント
「世界一大きい目玉焼きを食べてみよう!」
世界で一番大きな鳥「ダチョウ」のタマゴで作った目玉焼きの試食会☆
どれくらい大きいのか、ぜひ見に来て、食べてくださいね♪

・開催日:3月19日(日)・26日(日)、
      4月 2日(日)・9日(日)・
         16日(日)・23日(日)・
         30日(日)、
      5月 7日(日)・14日(日)
・開催時間:12時~(所要時間30分程度)
       ※11時50分~整理券を配布します
        (先着順)
・開催場所:森きらら内 芝生広場中央ステージ

2017年3月12日(日)

ライオンのアサヒ ファイナルステージ

九十九島動植物園森きららのスター、ライオンのアサヒによる体験プログラムが、3月12日をもちまして終了することになりました。
ライオンのアサヒは、平成10年10月10日に誕生して以来、動物園のスターとして君臨してきました。プログラムでは、約2メートルの高さに吊られたエサに飛びつく「ライオンのまんまタイム」や、獣舎を見学できる「猛獣探検隊」、飼育スタッフがライオンの特徴や性格などについて紹介する「ライオンのスポットガイド」などで大活躍してきました。
 しかし、今年で19歳(ライオンの寿命は10~14歳)のアサヒ。高齢のためかエサにかぶりつく様子も見られなくなり、展示場では一日のほとんどを寝て過ごすようになりました。
 また、昨年12月のチーター仲間入りに伴い、展示場を午前と午後で交代することになったことや、チーターのガイドを今月18日からスタートすることもあり、プログラムから引退することとなりました。
 プログラムの最終回では、アサヒが産まれた当時の飼育スタッフと、現在アサヒを担当している飼育スタッフの2名で、アサヒの生い立ちや飼育の裏話などを交え、笑いあり涙ありのガイドを行います。
「ライオンのスポットガイド~アサヒのファイナルステージ~」ぜひ、ご来場ください!!

■実施日時 : 平成29年3月12日(日) 11:45~
■開催場所 : ライオン・チーター展示場
※アサヒが産まれた当時のことをよく知るスタッフ「眞崎母さん」と、現在アサヒを担当するスタッフ「鮫島兄さん」のふたりの掛け合いもみどころです。

« 前の月へ次の月へ »