アミメニシキヘビ

世界最長のヘビとして知られており、10m近いものも記録されています。主に熱帯雨林の水辺に生息しており、夜行性で昼間は茂みや樹洞等で休んでいます。
皮革を取るため乱獲されており、
生息数は減少していると言われています。