お知らせ

フライングケージの取り壊しについて

開園以来、園のシンボルとして親しまれてきたフライングケージ(大鳥禽舎)の老朽化により、取り壊しを行うことになりました。

それに伴ない、12月初旬から工事用の足場を組む作業に入るため、同ケージ周辺の立ち入りを徐々に制限いたします。工事は来年3月までに終了し、その後は対州馬の放牧場として活用する予定です。

なお、フライングケージ内で飼育していた鳥類は、園内の別の展示場へ移動し、展示しております。

ご来場のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承ください。

■工事期間(予定) 
平成29年12月   ⇒ 足場を組み、防護柵を設置します。
平成30年1月~3月 ⇒ 取り壊し作業
※工事期間中は、フライングケージ周辺の立ち入りが制限されます。

2017年11月27日 (月) UP